東京いのちの電話
【電話】 03-3264-4343
【インターネットでの相談は…】 http://www.inochinodenwa-net.jp
相談を希望する方へ
相談するには…
便利ノート
東京いのちの電話とは
事業案内
事業報告
講演・イベント案内
相談員募集
ご支援ください
事業報告
ホーム > 東京いのちの電話とは > 事業報告
2012年度事業報告
 私ども「いのちの電話」は1976年の開局以来、自殺等の精神的困難を抱えられている方々からの相談を365日、24時間体制でお受けしております。1998年以降の毎年3万人を超える自殺者数に、忸怩たる思いを抱えつつも電話の向こうで悩まれているお一人おひとりの声に耳を傾けて参りました。昨年は15年ぶりに3万人を下回ったとの報道に接しましたが、依然としてその数・率ともに極めて大きなものであり、私どもの活動の社会的責任の重さを再認識している次第です。
 経済面の明るい兆しが聞かれるものの景気回復軌道にはまだ遠く、私たちを取り巻く社会の閉塞感や経済格差改善の兆しも見えておりません。電話相談においてもまたインターネット相談においても、「孤立無業者」「就活自殺」という言葉通りの現実を実感せざるを得ない相談が寄せられています。
 相談活動はしばしば「レスキュー(救助)rescue」ではないと言われます。救助者に100パーセント身を委ねるレスキューとは違い、相談は第三者に荷物の一部を預ける「シェア(分担)share」に近いものかもしれません。筆舌に尽くし難い困難に直面しても、シェアできる相手がいれば再び生きる力を見出せるようになることを、私たちは大震災で被災された方々から学ばせていただきました。
 2013年3月、私どもは第46期の相談員26名を新たに認定いたしました。このいのちの電話の活動を継続して行くことこそが社会的責任であることを肝に銘じ、一層の努力を重ねて参る所存です。
どうぞ本年も変わらぬご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
社会福祉法人いのちの電話
理事長 森野 嘉郎
■ 電話相談
 2012年の電話相談は27,517件(男性10,958件・女性16,559件)でした。前年の28,377件より860件減少したものの、自殺傾向は前年の10.2%(男9%、女11.1%)から、18.8%(男14.8%、女21.4%)と急増しました。電話相談を利用する年代は40代が最も多く、次に50代、30代の順でした。また女性の利用が60%であり、前年と比較しても性別・年代の利用者傾向には変化はありませんでした。
(2012年1月〜12月)
受信件数
(フリーダイヤル含む)
自殺志向件数
(自殺志向率)
平均相談
時間
27,517 男:10,958 5,185
(18.8%)
男:1,637
(15.0%)
33.0分
女:16,559 女:3,548
(21.5%)
■ フリーダイヤル
受信件数768件(男性442件・女性326件)/平均相談時間21.6分
自殺志向236件(男性116件・女性120件)
自殺志向率30.7%(男性26.2%・女性36.8%)
 毎月10日、全国のセンターをオンラインでつなぎ、フリーダイヤルで電話を受けています。自殺志向が高いこと、男性からの相談が多いことが特徴となっています。
■ インターネット相談
相談返信件数3,051件(男1,230件・女1,821件)
*内東京センター返信件数1,534件(男639件 女895件)
自殺志向 1,316 件(男 503件・女813 件)  自殺志向率 43.1%
 2012年のネット相談事業は引き続き盛岡、仙台、奈良、福岡、愛媛センターとの協働により、3,051件の相談に返信しました。また東京センターが受けた相談受信数も1,534件と、前年度より約300件多くの相談に応じることが出来ました。
 相談利用者は、例年同様10代〜30代の若年層が多く70%を占めている状況が続きました。相談内容については就労関係が依然多く寄せられましたが、特に学生や既卒者からの就職活動の困難さを訴える相談が目立ちました。また生活困窮や精神疾患を抱えられた方々からの相談も少なくなく、出口の見えない苦しさから自殺を訴える内容も多く、自殺志向率は43.1パーセントと前年とほぼ同じ高さとなりました。
受信件数 自殺志向件数
(自殺志向率)
3,051 男:1、230 1,316
(43.1%)
男:503
(40.9%)
女:1、821 女:813
(44.6%)
ページトップ
■ 社会福祉法人いのちの電話 役員
2014年1月25日
■理事
大瀧 京子 相談員
倉本 英彦 精神科医
佐合 信子 社会福祉法人いのちの電話事務局長
宍戸 信次郎 相談員
清水 康之 NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表
豊島 まき子 相談員
中村 武照 叶シ部日化代表取締役社長、 いのちの電話後援会会長
林 義子 宗教法人カトリック煉獄援助修道会
樋田 大二郎 青山学院大学教授
森野 嘉郎 弁護士
■監事
佐藤 治隆 弁護士
冨部 直希 税理士
■評議員
飯島 睦子 立教大学学生相談所
石島 武一 社会福祉法人聖ヨハネ会桜町病院名誉院長、
日本カトリック医師会名誉会長、医療相談員
上村 明子 いのちの電話後援会理事
岡村五十男 (株)S.C プランニング顧問、いのちの電話後援会理事
尾形婦志子 団体職員
加藤 泉 相談員
北川 逸英 杉並聖真ルーテル教会牧師
久保 美紀 明治学院大学社会学部教授
郡山 千里 日本YMCA同盟監事、東京YMCA理事
清水 和良 NPO法人VCAS理事
高瀬 幸子 カトリック医師会、産婦人科医師、
順天堂大学・東京女子大学非常勤講師、医療相談員
谷口 尋子 社会福祉法人埼玉いのちの電話理事・評議員
中村 清純 足立区足立保健所所長、医療相談員
日比野克彦 相談員
堀 肇 鶴瀬恵みキリスト教会牧師、聖学院大学大学院非常勤講師
幕内 英明 相談員
松浦 郭介 会社員
望月 和子 相談員
山ア 隆 相談員
矢永由里子 慶応義塾大学医学部感染制御センター講師、臨床心理士
余語 毅男 秋津療育園医師、医療相談員
ページトップ